テニスルBLOG

【テニスル】コーチ募集

  • 2021-07-21 13:12

連絡事項

テニスルコーチ募集

テニス

目次
1.志高くテニスを教えて行く仲間を募集
2.他では受けられない密度の濃いコーチ研修
3.寺地貴弘と一緒にサービスを作り上げていく
4.何よりもテニスを楽しめる環境作り
5.日本テニス界の底上げを目指す

 

志高くテニスを教えて行く仲間を募集

弊社では常に志高くテニスを教えて行く、コーチの募集を随時行っております。

その際コーチとしての経験や実績は不問で、何よりもテニスが好きでテニスを楽しみながら高いレベルでコーチングを行いたい人材、またコーチングを通じて自己成長したいといった前向きな気持ちをお持ちの方でありましたら、弊社サービスはこれ以上ない環境だと自負しております。

応募頂けますと、まず新人コーチ研修を受けて頂きます。

そこで基本的な技術は見させて貰う形にはなるのですが、そこでは何よりも「伝える」スキルと「聞く」スキル、また弊社サービスのコンセプトをご理解頂けるかといった面接を重点的に行わせて頂きます。

そこでコーチとしての適性を判断させて頂き、寺地コーチによるコーチング研修、また実際に他コーチレッスンへの同行を経て実際にレッスンの現場でコーチングして頂く流れになります。

もちろん即戦力として現場で働いていただける人材も求めているのですが、
弊社では「共に成長」できる環境を整えております。

よってコーチ未経験でも臆せずご応募頂けると幸いです。

もちろん現在スクール勤務で、プライベートレッスンという形に興味があり、実際に現場の空気や可能性を感じてみたいコーチの方。

そして何よりもテニスが好きで、磨いたテニススキルを実際に仕事に生かしてみたいコーチ志望の方まで幅広くお問合せ頂けますと幸いです。

またその他、「シミュレーションテニス」というものがどのようなもので、これを使ってどれくらいまでのレッスンが可能なのか気になられている企業様ももちろんお問合せ可能となっております。

是非この機会にご気軽にお問合せ下さいませ。


他では受けられない密度の濃いコーチ研修

弊社コーチ登録するにおいて、メリットとして他では受講不可な「コーチ研修」があります。

こちらは寺地貴弘コーチ監修・主導による密度の高いコーチ研修になります。

独自の目線、テニス理論を駆使した密度の濃い時間を、弊社コーチは月に一度、全員受講頂く形になっております。

このコーチ研修だけでもコーチとしての自己成長、キャリアアップが可能なくらいの内容となっておりますので、受講することにおけるデメリットは一切御座いません。

また、弊社が日本初導入となる「シミュレーションテニス」が一体どのようなものなのか。

この機械を使用できる環境は、日本だと唯一、弊社のみになります。

この性能及び使用することにおける可能性も確認することが可能です。

今、例えば東京都内やその近郊の都市で、ゴルフレッスンをする際は「シミュレーションゴルフ」を使用したレッスンがほとんどになっております。

この機械を使用してレッスンすることによって、マンションの一室のような省スペースでのレッスンが可能になり、実際に球を飛ばすスペースの確保が不必要になります。

この仕組みがそのままテニスにも応用可能となっております。

特に東京都内だとテニスを練習したくても場所の確保が困難な場合が多々あります。

公営のテニスコートは毎日抽選で抽選に外れると使用できません。

また私営のテニスコートは料金が割高になってしまい、テニスを続けて行くこと自体が困難になっていく例もあります。

このような状況を全てクリアするシステムを弊社では完備させて頂いております。

安心して満足の行くコーチングをお客様に受けて頂く。

コーチ、お客様双方に満足頂く環境作りに余力を残さず尽力して参ります。

このような充実の密度の濃いコーチ研修に加えて、今後必ずレッスンの現場に広まって行くであろう、シミュレーションテニスをいち早く導入する企業努力。

この2点の環境を100%整え、コーチの育成に日々励んでおります。

是非、弊社サービスをきっかけとした自己成長に繋げたい方、何よりテニスの楽しさ知っていて、それを伝えて行くことをお仕事にしたい方の応募をお待ちしております。


寺地貴弘と一緒にサービスを作り上げていく

弊社専属プロコーチである寺地貴弘。この名前はジュニア時代からテニスをしてきた経験者、またテニスが好きで国内海外関係なく観戦してきた方は、ほぼ全員知っているであろう名前かと思います。

この度、寺地貴弘が日本テニス界の底上げをしたいという大義名分の元、本気でコーチングするためのコーチング理論が弊社にて初めて解禁となりました。

長年の構想はあったというそのコーチング理論なのですが、実際に現場に落とし込み、形にするのは初めてだということです。

本人の現役としての実績ももちろんのこと、日本テニス界トップレベルのコーチ歴から「必ずうまくなる」という、お客様にとって100%満足頂くサービスの形をご提供させて頂くよう尽力しております。

その中で、サービスの形に正解や終わりはありません。

なのでコーチ陣全員で「一緒にサービスを作り上げていく」という思考でお仕事頂きたく存じております。

その中でテニスレッスンというスポーツ事業に携わる「プロ」として、最先端のテニス論を突き詰めてお客様にご提供頂くサービスを共に考え提供することが主なお仕事になります。

常に正解を模索し続け、現状の結果に満足せずコーチングを突き詰めて行くことがご自身の成長に繋がって行くことになるということは言うまでもありません。

このように弊社の代表コーチ寺地貴弘の考える、テニスにおけるコーチング理論の上に、日々のレッスン、最先端のテニス論を考慮し日々改善していくことで、最高のサービスが生まれます。

またそのことが、本当の意味でテニス界の底上げへの貢献に繋がって行きます。

日本テニス界の底上げという大きな目標があるからこそ、国内トップレベルのテニスレッスンサービスの提供を追求し続けて行きます。

是非、そのトップレベルのサービスのご提供を一緒に作って行くことが可能な、志高い気持ちを持ったコーチを弊社では随時募集しております。


何よりもテニスを楽しめる環境作り

「テニスを楽しむ」これはお客様だけではなく、コーチ及び弊社スタッフも含む、弊社サービスに係る全ての人が、テニスに対して持つべき感情になります。

テニスがメンタルスポーツであるということは、テニスに関わってきた方であれば全員が既知の事実であります。

その中で、テニス自体を楽しむということが出来なければ、メンタルスポーツにおいてこれ以上のデメリットはありません。

また本気でテニスで上達したいという欲求の持ち主は、必ずテニスをすることを楽しんでいます。

メンタルの裏には脳のメカニズムがあり、それは非常に強く身体とつながっていますね。思っている以上にパフォーマンスに影響を与えているのです。

試合に勝てるようになるには「スキル」「フィジカル」「メンタル」「戦略」が大切だと考えていますが、その中で一番重要だと考えているのが「メンタル」になります。

例えばテニスを楽しめていない、むしろ苦しいといったメンタルでテニスをすることは「ネガティブ」に繋がりやすいメンタリティを生んでしまいます。

ネガティブに繋がりやすいメンタル状態で試合に臨むとどうなるか?

  • どうしてもこのポイントが欲しい
  • どうしてもこのポイントを失いたくない
  • また同じミスをしてしまうかも知れない
  • とにかくミスしないようにしよう
  • 早く決めてしまおう

このような邪念、弱気によって身体が硬くなり、簡単なショットまでミスしてしまったり相手にチャンスボールを与えてしまったりします。

このようにならないために、メンタルコントロールの方法を習得することもテニスの重要な技術になります。

一方、楽しんでテニスをプレイするということは、「ポジティブ」に繋がりやすいメンタル状態でプレイすることが可能になります。

ポジティブに繋がりやすいメンタル状態で具体的に試合でどのような効果があるか?

  • ピンチで思い切ったプレイができる
  • 欲しいチャンスこそ今までと変わらないプレイを貫ける
  • 思い切りの良さはバカ打ちではないことを理解することが出来る
  • 自分でコントロールできない相手のスーパープレイは気にしない
  • 一喜はしても良いが一憂はしない
  • どんな場面でも決して諦めない
  • 絶対に勝てない相手はいないと心から信じる

このようなメンタリティは、実は何よりも重要な技術に成り得ます。

ただ技術を教え込み戦術を伝えるだけのレッスンだと、やはり最後は選手個人の気持ちに頼ざるを得なくなり、なかなか確実に試合で結果を出すことは難しいのが事実です。

本気で試合で結果を出して欲しいからこそ、このようにメンタル面のコーチングからバックアップしていくことが大切になります。

これら通常のスクールレッスンではなかなか一人一人に落とし込めない、ポジティブなメンタル面の強化も、弊社サービスでは欠かすことのできない重要度の高いサービスになります。

そのために全力で「テニスを楽しむ」環境作りを、寺地貴弘コーチを筆頭にコーチ全員の意見を参考に、弊社では日々構築させて頂いております。


日本テニス界の底上げを目指す

こちらは弊社サービスの提供における使命だと考えております。

まず現状を述べさせて頂きますと、やはり日本で本気で世界と戦っていきたい選手に関して「海外に渡る」という選択肢を選んでいることが多いです。

それは日本においてコーチングできるコーチの育成が追い付いていないのも、正直なところあるかと思います。

ただそれ以上に「テニスをする環境」というものが少し世界と比べると後進国なことが一番の理由になることがあげられます。

土地の狭さによるコートの少なさといったこともあるのですが、テニスプレイヤーのセカンドキャリアの門が圧倒的に狭いという事実があります。

元世界ランカーであった選手の例を取らせて頂くと、引退後に大人数の生徒を抱えるスクールコーチとして働くことになるのですが、やはりスクールだとその豊富な経験を集中して落とし込む環境は難しく、技術を大人数に伝えることはできても、一人一人に合ったフォームの伝授だったり体の使い方、またメンタリティの育成までは手が回らないといったようなことが現状とのことです。

このようにテニスに関わってセカンドキャリアとして生かせる場合はまだ良いのですが、素晴らしいキャリアの選手でも、全員が引退後にテニスに関わることが出来ているかというと、正直厳しいのが現実になります。

テニスは個人スポーツなのですがグループ、団体でのスクールレッスンが普通だからというのも理由のひとつかもしれません。

ここ数年、日本テニス界は「ジュニアテニスブーム」と言われています。

錦織選手や大阪選手の世界で戦う姿に刺激を受け、テニスを始めるお子様が非常に多く、また親御様の熱意も高く、テニス界にとっては良い傾向だと言えます。

ただその受け皿となる、テニスを本気で上達させる為に必要な環境が、正直追い付いていないと感じられるのが事実です。

そこで、テニスプレイヤーが引退後にそのキャリアを余すことなく落とし込め、正しくコーチングできる環境の構築が急務だと考え、弊社は今後の日本テニス界の底上げのために全力で尽力させて頂きます。

日々のサービスの提供からコーチングの追求、環境作りを全力で行わせて頂き、弊社サービスが実際にお客様の結果に繋がり、それに伴い拡大していくことが日本テニス界の底上げに繋がる。

そう信じて日々サービスの提供をさせて頂いております。

またそれには志を高く持たれた、元テニスプレイヤー達のコーチとしての助けが不可欠になります。

是非一度、弊社サービスがどのようなものか知って頂きたく思います。

弊社では随時、一緒に成長していくコーチを募集しておりますので是非ご気軽にお問合せ下さいませ。


お問い合わせ

もっと見る

プロフィール

プロフィール

亀本 簾(カメモト レン)

プロフィール

性別:男
自己紹介:東京のインターナショナルスクール卒業後、アメリカのチャップマン大学に進学し、卒業。
卒業後コロナ禍によりアメリカから帰国し、テニスル代表の宮地一道コーチと出会いサービスを広める為の活動を開始。

大学では健康科学(B.S. in health science)と心理学(B.A. in psychology)を専攻し将来はPhysical Therapistを目指して日々勉強中です!
日本初のテニスシミュレーターを使用した新しいレッスンを全国に普及できるよう日々情報発信を行なっていますのでぜひインスタやツイッターのフォローよろしくお願いします!

いずれかは世界中の人をテニスで繋げたいです♪